女性の薄毛コラム

【クリニック監修】抜け毛はなぜ起きる?今こそ知りたい!抜け毛の原因と対策

  • 薄毛の悩み
抜け毛はなぜ起きる?今こそ知りたい!抜け毛の原因と対策

抜け毛は女性にも起こることがあります。心配のない自然脱毛もあれば、ちょっと気をつけた方がいい脱毛もあります。心配な脱毛ってどんな脱毛なのか、よく知った上で対策を講じましょう。的外れな対策では気になる抜け毛の改善にならないかもしれません。

抜け毛に悩む女性たちへ
「心配な抜け毛かどうか」が問題です

女性が抜け毛を意識するのはいつでしょう?
シャンプーの時? スタイリングの時? 寝起きの枕を見た時?
それとも、「分け目が薄くなったなあ」と感じた時? スタイリングをしてもイマイチスタイルにボリュームがない時?
こうして挙げてみると、女性が抜け毛を意識する場面はいくつかありそうです。
一度抜け毛のことを気にし始めると、やたら髪の毛のことが気になってしまい、「このまま薄毛になるのかしら」と不安に襲われるかもしれません。

抜け毛には2種類あります。
・心配な抜け毛
・心配しなくてもいい抜け毛
まずは、この2つについてご説明しましょう。

心配のない抜け毛「自然脱毛」

髪の毛にも寿命があります。寿命の来た髪の毛は抜け落ちていきます。
私たちの頭部には平均して10万本の髪の毛が生えていますが、毎日そのうちの100本前後が寿命によって抜けていくと言われています。

しかし、心配しなくても、寿命が来て抜けていった髪の毛の後には、また新しい髪の毛がちゃんと生えてきます。
女性の場合、髪の毛の寿命は4~6年。
もっとも、夏の強い日差しや冬の乾燥などが原因で、一時的に抜け毛が増えることはありますが、あくまでも自然なサイクルの中での一時的な現象なので心配要りません。

心配な抜け毛(寿命以外の抜け毛)

心配なのは、自然脱毛以外で起きる抜け毛です。
自然脱毛以外の抜け毛の原因として考えられるのは、皮膚や内科系の疾患や頭皮環境の悪化、ホルモンバランスの乱れ、などが原因の脱毛症などです。
頭皮環境の悪化の原因は、過度の飲酒や喫煙、度の過ぎたダイエットなどの乱れた生活習慣などが原因です。
ホルモンバランスの乱れには、加齢、更年期、出産後などが主な原因として考えられます。
脱毛症にも、いくつか種類があります。

寿命以外で起こる抜け毛は、その原因をよく知って原因に合った対策をする必要があります。

もしかしたら、その抜け毛は、薄毛の始まりかもしれません。

女性に起きる抜け毛の主な原因

抜け毛が女性に起きる原因は実にさまざま。主なものを挙げていきますが、もしかしたら「え、そうなの?」と思えるようなこともあるのではないでしょうか。

抜け毛が起きる病気

円形脱毛症
ある日突然、頭部に円形または楕円形の脱毛が起こる脱毛症です。
一般的に予兆などはなく、かゆみなどもないと言われます。
脱毛斑は10円玉大や500円玉大などさまざま。また脱毛斑が1つだけのこともあれば複数個の場合もあり、重症になると、頭皮全体の毛が抜け落ちることもあります。
以前はストレスが原因と言われていましたが、近年の研究ではストレスはあくまでも誘因で、自己免疫疾患によるものと言われています。

甲状腺疾患
甲状腺疾患は、男性よりも女性に多い病気です。
甲状腺疾患の中には、症状の1つとして抜け毛が起こる場合があります。
抜け毛だけでなく、疲れやすい、動悸がするなど他の症状がある場合は、内科医の受診も考ましょう。

脂漏性脱毛症(脂漏性皮膚炎)
皮脂の過剰分泌やシャンプー不足などで頭皮の皮脂が増え、頭皮の常在菌が異常に増殖することで起こるかゆみや炎症は、脂漏性皮膚炎と呼ばれるものです。

脂っこいもの中心の食生活や、シャンプーの回数が少ない、シャンプーが肌に合わないなどいくつか原因がありますが、頭皮の常在菌が皮脂を餌として異常に増殖することで起こります。
脂漏性皮膚炎は重症化すると、脂漏性脱毛症の発症につながります。
脂漏性皮膚炎かも、と思ったら日ごろの生活を見直して、重症化させないことが大事です。

けん引性脱毛症
同じ場所で髪を縛っていませんか。
お団子ヘアやポニーテールなど、いつも同じ部位の髪を引っ張り続けることで頭皮に負担がかかり、抜け毛が引き起こされるのです。

いつも同じところで髪の毛を縛っている人、たまには縛る場所を変えたり、ヘアスタイルを大幅に変えてイメージチェンジをしてみては。

ダイエットによる抜け毛
痩せたいからと食事を抜いたり、ハードな食事制限をしていませんか。
栄養不足は髪の毛にも現れます。
髪のツヤやハリがなくなったり、抜け毛を引き起こしたりする原因になります。
無理なダイエットは厳禁です。

女性特有の抜け毛

FAGA(女性男性型脱毛症)
AGA(男性型脱毛症)はご存知の方も多いでしょう。
男性ホルモンの作用によってヘアサイクルが乱れ、脱毛が進むというものです。
それと同じ脱毛症が女性に発症するのです。

女性の場合、女性ホルモンの分泌量が減少することが根本原因です。何かに起因して女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの影響が優位になるようになって抜け毛、薄毛を発症するようになるのです。
FAGAはAGAと同様に、発症したら自然治癒することはありません。進行性の脱毛症です。

分娩後脱毛症(産後脱毛症)
妊娠中は、エストロゲンの分泌量が多いので、髪の毛の成長期間は妊娠前よりも長くなっています。
それが出産をすることで一気にエストロゲンの分泌量が減少して妊娠前の量に戻ると、それまで成長を続けていた髪の毛が抜けるため、抜け毛が増えたと感じられます。
確かに抜け毛は一時的に増えてはいますが、本来なら抜けていたはずの髪の毛が、妊娠していることで寿命が延びていたのです。
一度にたくさんの髪に寿命が来て抜け毛となるため、驚きますが、これは一時的なこと。
産後の体調回復に伴って、抜け毛も治まります。

FPHL(女性型脱毛症)
FPHLは近年になって使われるようになってきた女性の脱毛症の呼び名です。
先に挙げたFAGAは、主に加齢によって発症する女性ホルモンの分泌量の減少に起因した脱毛症でしたが、女性の脱毛症は男性ホルモンとは関係なく起きることもあるため、FPHLは女性ホルモンと男性ホルモンの分泌量のバランスの乱れだけでなく、それ以外の様々な要因で起きる脱毛症も含めた女性の脱毛症です。

びまん性脱毛症
抜け毛・薄毛に悩む女性の多くが、この「びまん性脱毛症」だと言われます。
特定の箇所の髪の毛が抜けるのではなく、広く頭部全体の髪の毛が薄くなっていきます。

女性の抜け毛、薄毛が増えている

人は誰でも歳を取ります。
残念ながら、加齢により女性ホルモンの分泌が減るのは、自然現象ですから、どうすることもできません。そのままにしておくと、髪は薄くなっていくばかりです。
また、近年は若い女性でもホルモンバランスが崩れている人が多く見られます。
これは、女性の社会進出が進み、仕事に家庭に育児にと頑張っている女性が増えたことで、全般的に女性の抱えるストレスが増え、体も疲れているのではないかと言われています。

睡眠不足、偏った食生活、喫煙、過度の飲酒、無理なダイエット、運動不足…これらの生活習慣の乱れもすべて毛根の新陳代謝の妨げとなったり血行を悪くしたりする原因となります。

過度のストレスもまたホルモンバランスや自律神経のバランスを乱し、抜け毛の原因となります。

女性の抜け毛に関する記事はこちらにもございます。

女性特有の薄毛FAGAの原因と治療法は?
頭部全体で髪の密度が減ってしまう「びまん性脱毛症 」とは?
大量のフケが出る粃糠性湿疹(脱毛症)の原因と対策
頭皮がベタ付く脂漏性皮膚炎(脱毛症)の原因と対策

女性に起きる抜け毛の主な原因

抜け毛対策あれこれ

抜け毛が女性に起こる原因をいくつか挙げましたが、心当たりはありましたか。
さあ、悩んでいても事態は解決しません。
ここからは、抜け毛に対してできる手立てをいくつかお話しします。

日常生活を見直す

抜け毛が女性に起こる原因には、意外と日常の生活習慣が関係していることもあります。
日常生活を見直すことなら、今日からでもできますね。

食生活を見直す
正常なヘアサイクルの維持、髪の成長にはバランスの取れた栄養が必須です。
髪の毛はケラチンというタンパク質でできています。良質なタンパク質、ビタミン、ミネラルは髪の成長に欠かせない栄養素。意識してそれらの栄養素を摂り入れましょう。

睡眠不足を解消する
髪の成長に欠かせない成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。
また、日中の体の疲れやストレスの軽減、ヘアサイクルの維持のためにも、十分な睡眠を取る必要があります。
早めにベッドに入る、寝る前のスマホはやめる、などで質の良い睡眠がとれるよう工夫してみてください。

ストレスを溜めこまない
現代社会でストレスと無縁の生活は無理と言ってもいいでしょう。
しかし、ストレスこそ万病のもと。
過度のストレスが自律神経やホルモンバランスの乱れを引き起こすこともあります。
好きなことに打ち込む、散歩をする、気の合った友だちとお喋りをする、カラオケに行く、など自分なりのストレス発散法を見つけて、ストレスを抱え込まないようにしましょう。
ストレスとの上手いつきあい方を身につけるのも、現代人の命題かもしれませんね。

頭皮マッサージやシャンプーの見直しなどで頭皮ケアをする
頭皮マッサージは、頭皮の血行を促します。気分転換も兼ねて、是非取り入れてほしい習慣です。
また、今使っているシャンプーが合わないと思われたら、早めに変えてみるのもいいかもしれません。
保湿、天然成分配合、などの謳い文句をチェックしながらやさしくシャンプーしてください。

頭髪治療を行っているクリニックで治療を受ける

頭皮環境を良くするためのセルフケアはもちろん大事です。
栄養を考えた食事、良い睡眠を取るための努力など、これからもずっと続けてくださいね。
それでも、抜け毛を見てみて、

・抜け毛の量が明らかに増えた
・セルフケアを続けているが、大きな改善が見られない
・細い毛や短い毛が抜けている

そんな時は、頭髪治療を専門にしているクリニックへの相談をおススメします。

セルフケアにプラスして、市販の育毛剤や発毛剤を使って「これで万全」と安心している人もいらっしゃるようですが、それは「原因に合った対策」が100%取られているとは言えないかもしれません。

抜け毛の原因はさまざま。
本当の改善を目指すなら、まずは原因を突き止めることから。
その原因に合った対策を取らないと、納得できる結果は得られません。

セルフケアを続けるにしても、「これでいいのか」と不安を抱きながらケアするより、専門家の立場から「それでいいですよ」「それよりこうしたほうがいいですよ」とアドバイスをもらって行う方がゆったりした気持ちでケアできますね。

ウィメンズヘルスクリニック東京の女性頭髪専門外来では、1人ひとりの症状に合わせた薄毛治療を行っています。
1人で思い悩まず、貴女の薄毛について一緒に取り組ませてください。

まずは無料カウンセリングをご利用ください。
ウィメンズヘルスクリニック東京 無料カウンセリングフォーム

抜け毛対策あれこれ

まとめ

抜け毛が女性に起きる理由はお分かりいただけましたか。

女性の体はデリケート。抜け毛の原因にも複数の要因が絡み合っていることも多くあります。

抜け毛について1人で悩んでいて、スッキリ解決することがなかなか難しい時は、どうぞプロにご相談ください。

1日も早く行動を起こして、いつもの笑顔で明日からも笑っていられますように。

この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング クレアージュ東京

チーフ 糸井 麻美 (いとい あさみ)

糸井 麻美

2013年、クリニックに入職。入職時より女性の発毛治療と抗加齢医学を学び、カウンセラーとして患者さまからのお悩みをお聞きし、治療前の不安な気持ちに寄り添い、安心して治療を開始できるように心を尽くしてきた。
現在はクレアージュ東京のチーフスタッフとして活躍中。患者さま一人ひとりに丁寧に向き合う診療を行うよう、スタッフに対して接遇向上や発毛治療に関する知識の強化を図るとともに、患者さまが心地よく過ごせる雰囲気づくり等にリーダーとして注力している。

関連記事

最新記事

診療のご予約
無料カウンセリング
電話アイコン