女性特有の薄毛症状

男性の薄毛と女性の薄毛は原因も異なれば、タイプもまったく違います。
女性ならではの薄毛の傾向は大きく分けて4つ。薄毛を改善するには、まずは自分がどのタイプかを知ることが大切です。

1.びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、女性の薄毛で最も多いタイプです。全体的なボリュームの低下や、細毛など毛髪の太さの変化により髪の密度が減少し、つむじ付近から薄くなっていくのが特長です。

びまん性脱毛症に関する記事を読む

2.FAGA
(女性男性型脱毛)

FAGAは、「AGA(男性型脱毛症)」の女性版です。男性ホルモンが原因となる進行性の薄毛で、頭頂部や生え際から薄くなり始めるのが特長です。女性の場合、更年期やストレスなどが原因で女性ホルモンの分泌量が減少し、男性ホルモンが優位になると、AGAを発症することがあります。

FAGAに関する記事を読む

3.牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、ポニーテールやアップのヘアスタイルなど、同じ部分の毛髪を長時間引っ張ることにより、毛根や毛根がダメージを受け起こる薄毛です。フロント部分や頭頂部など負荷をかけていた部分が薄くなるのが特長です。

4.分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は、出産後一時的に抜け毛が急増する症状です。程度や個人差はありますが、出産した女性の多くが経験します。発症時期は人それぞれですが、産後2カ月目あたりから感じる人が多いのが特長です。一般的には、半年~1年で抜け毛が治まることが多いです。

分娩後脱毛症に関する記事を読む
診療予約・無料カウンセリングを申し込む

女性の薄毛原因

女性の薄毛は主に、血流の低下やホルモンバランスの乱れなどが原因になっていることが多いのですが、ストレスをはじめ、他にも遺伝的要素を含め様々なものが原因として関与しています。日常的なことでいうと、たばこは吸わない、過度な飲酒は避ける、栄養バランスに気をつける、質の良い睡眠をとる、過度なダイエットはしないなど気を配っていただきたいことはたくさんあります。いずれにせよ、女性の薄毛の原因は1つではありません。様々な要因が重なり合って薄毛になると考えられていますので、今一度ご自身の生活習慣などを見直してみましょう。女性の薄毛は年代によって原因が異なります。原因によって対処方法も変わってきますので、ご自身の状態を把握するためにも、気になるようでしたら薄毛治療専門クリニックの医師へのご相談をお勧めします。

年代で見る薄毛の原因

女性ホルモンと髪の関係性

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。
分泌量は一生のうちにわずかスプーン一杯分と言われており、大変少ないのですが、女性の身体にはなくてはならないもので、多大な影響を及ぼすものです。とくに「エストロゲン」は髪の成長や維持に関わる大事な成分になります。エストロゲンの減少とともに髪には以下のような変化が現れます。

女性の髪の悩み
診療予約・無料カウンセリングを申し込む

薄毛とヘアサイクル

髪は一定のサイクルで成長しています。成長期(新しい髪が成長する期間)→退行期(成長が弱まる期間)→休止期(完全に成長が止まり髪が抜けてしまう)というサイクルが、通常2~7年で繰り返されています。 薄毛・抜け毛の多くは、このヘアサイクルが何らかの原因で短縮され、毛髪が完全に成長する前に抜け落ちることで起こります。

健康なヘアサイクル
健康なヘアサイクル

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と発毛剤は、よく混同されてしまいがちですが、それぞれが異なる目的や役割を持っています。
育毛剤は、「いま生えている髪の毛の維持にアプローチする」もの。将来起こるかもしれない薄毛や抜け毛を予防し、毛髪の健康を維持していくために使うものですので、薄毛が進行していない方におすすめなのが育毛剤です。
それに対して発毛剤は、「いま生えていない髪の毛を生やし、毛量を増やす」ためのもの。薄毛や抜け毛を治療して改善するために使うものです。

育毛剤 髪の毛を育て、抜け毛を防ぐ 発毛剤 髪の毛をはやし、抜け毛を防ぐ
クレアージュ エイジングケアクリニック 総院長 浜中聡子

育毛剤と発毛剤の効果や役割には大きな違いがあります。以前と比較して毛量が減ったと感じている方には発毛剤の使用をおすすめいたします。
クレアージュでは、濃度や成分が異なる外用薬を6種類ご用意し患者様お一人おひとりの症状に合わせたお薬を処方しています。

クレアージュ東京 エイジングケアクリニック
院長 浜中聡子

クレアージュの発毛治療​

当院では、頭皮や頭髪の状態・ストレス・食生活を含めた生活習慣を伺うとともに、頭皮や頭髪を医師がチェックし、お一人お一人に合った内服薬、外用薬を中心とした治療法をご提案いたします。

  • 発毛促進薬の処方
  • ホルモン治療
  • サプリメント処方
  • 点滴

女性の薄毛の症状は様々です。当院では、濃度や成分が異なる外用薬を(6種類)ご用意しており、薄毛の症状や進行度にあわせて、処方いたします。オリジナル薬剤だからこそ、濃度や成分の細かい調整が可能となっております。また、発毛をサポートするサプリメント製剤も豊富に取り揃えております。

治療効果

Age:48

  • 初診時

    初診時の頭髪
  • 5ヵ月後

    5ヵ月後の頭髪
  • 1年後

    1年後の頭髪

治療方法:外用薬+内服薬
治療期間:1年
起こる可能性のある副作用:頭皮のかゆみなど
※これらの副作用が実際に起こったわけではありません
治療価格:33,000/月(税込)

Age:60

  • 初診時

    初診時の頭髪
  • 6ヵ月後

    6ヵ月後の頭髪
  • 1年後

    1年後の頭髪

治療方法:外用薬+内服薬
治療期間:1年
起こる可能性のある副作用:頭皮のかゆみなど
※これらの副作用が実際に起こったわけではありません
治療価格:33,000/月(税込)

治療実績はこちら 診療予約・無料カウンセリングを申し込む

髪にお悩みの方へ。
医師からのメッセージ

誰にも言えない薄毛の悩み、一人で抱え込まないでください。

精神科医・医学博士浜中 聡子

昔から「髪は女の命」と言われているように、髪の毛というのは見た目の印象を大きく左右します。「以前に比べてスタイリングしずらくなった」「髪の毛が細くなってきた」「髪にボリュームがなくなってきた」「分け目が気になり始めた」「地肌が透けて見えてきた」などなど、髪の毛のことで悩む女性の患者様と日々向き合っておりますが、女性の髪の毛に対する悩みは様々であることを実感させられます。
女性の主たる薄毛の原因として加齢によるホルモンバランスの乱れや血流の低下が挙げられます。
ホルモンと言っても女性ホルモンや男性ホルモン、甲状腺ホルモン、ストレスホルモンなど数多くあり、どのホルモンも重要な役割を果たしているのですが、「女性の薄毛」の問題においては、特に「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンが鍵となります。このエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは髪の新陳代謝を促して、ハリ・ツヤを生み出し、髪を豊かに保つという役割を担っています。女性ホルモンは20代後半をピークに徐々に減少し、理想的なバランスを保つ時期は30代前半まで続きますが、30代後半に入ると女性ホルモンの分泌量は急降下してしまいます。

また、女性の場合、ライフイベントによって様々な悩みがあり、それがストレスとなって髪の問題に繋がっている場合も多くあります。簡単なことではないかもしれませんが、そのストレスを少しでも軽くしてあげることで、心に余裕ができ自分に自信が持てるようになります。 そして、髪の毛に対する不安をお持ちであるなら、一人で抱え込まずに誰かに相談するなどして、その不安・お悩みを取り除くための行動を起こすことが大切です。人は分からないことに対して過剰に不安を抱くものです。私も髪の毛に悩みを抱える多くの女性の手助けになれば…と日々考えております。
当院では女性ならではの側面を重視し、頭皮や頭髪の状態、既往歴、生活習慣、遺伝負因などを伺うとともに、血液検査結果を踏まえ、内服薬・外用薬による治療をおこなっています。ふとしたきっかけから髪について悩みはじめる女性は多いものです。現状に不安を感じるならば専門の医療機関を訪れてみるのもひとつの方法ではないでしょうか。

まずは睡眠、そして食事。髪は健康のバロメーターです。

形成外科医・医学博士中野 江里子

髪は健康をあらわすバロメーターです。髪やお肌、爪が健康で綺麗であれば、体も健康であるということですし、何よりも日常を気持ちよくすごせますね。女性として、髪も美しさの一部としておしゃれを楽しんではいかがでしょうか。パーマやカラーリング、白髪染めもして積極的におしゃれを楽しんでいただきたい!カラーリングによるヘアトラブルやダメージを防ぐためにも日々のヘアケアや食生活・睡眠の面で気をつけるようにしてくださいね。では一言に髪の健康といっても、まず何から気をつけたらいいのか?基本的には特別なことはいらないと思うんです。不規則な食生活や寝不足、ストレスなことがあったら、お肌の調子も悪くなりますよね。髪も一緒です。まずは睡眠。髪は、成長ホルモンの分泌量の多い夜につくられます。夜11時〜午前2時までには就寝することがおすすめです。質のよい睡眠をとってください。次は食事。髪はケラチンと呼ばれるたんぱく質からできています。上質なアミノ酸を含んでいるたんぱく質を食べましょう。大豆、青魚、肉類などまんべんなく食べてください。

その他ビタミン・ミネラルは髪には必須です。緑黄色野菜や海藻類、良質な植物油も積極的に摂取しましょう。無理なダイエットはよくないですね。それからストレスや喫煙は血管を収縮させるので毛根が血行不良になり毛根に栄養がいかなくなってしまいます。

それから夏には、紫外線も強くなります。お肌に紫外線がよくないということは皆さんご存知だと思いますが髪も一緒。外出する際は日傘をさす、帽子をかぶるなどして髪の紫外線予防も意識してみてくださいね!
様々な対策を行っても抜け毛や薄毛が改善されない場合は、専門の医療機関をお訪ね頂くことをおすすめいたします。