女性の薄毛・FAGA治療専門外来

女性頭髪専門外来の特徴

女性の薄毛・抜け毛は男性と比べて原因特定が難しいもの。クレアージュ東京エイジングケアクリニックは14年もの間女性の髪悩みと向き合ってきました。※24万人の治療実績から的確な原因特定と最適な治療をご提案致します。

※2007年4月~2021年3月(旧Dクリニック東京 ウィメンズ) のべ患者数

女性の写真
HEADACHE OUTPATIENT

治療が必要な薄毛

ひとくくりに薄毛といっても、セルフケアで改善できる薄毛と治療が必要な薄毛があります。下記項目にひとつでも当てはまる場合は、医療機関での治療をおすすめします。

  • 抜け毛が急激に増えた

  • 髪に触るだけで簡単に抜ける

  • フロント部分がM字型に薄くなってきた

当院の治療

当院では、頭皮や頭髪の状態・ストレス・食生活を含めた生活習慣を伺うとともに、頭皮や頭髪を医師がチェックし、お一人お一人に合った内服薬、外用薬を中心とした治療法をご提案いたします。

  • 発毛促進薬
    の処方

  • ホルモン
    治療

  • サプリメント
    処方

  • 点滴

治療詳細はこちら

Age : 48

  • 初診時
  • 5ヵ月後
  • 1年後

治療方法:外用薬+内服薬
治療期間:1年
起こる可能性のある副作用:頭皮のかゆみなど
※実際に起こったわけではありません。
治療価格:33,000円 / 月(税込)

Age : 60

  • 初診時
  • 5ヵ月後
  • 1年後

治療方法:外用薬+内服薬
治療期間:1年
起こる可能性のある副作用:頭皮のかゆみなど
※実際に起こったわけではありません。
治療価格:33,000円 / 月(税込)

治療実績はこちら

女性特有の薄毛症状

男性の薄毛と女性の薄毛は原因も異なれば、タイプもまったく違います。女性ならではの薄毛の傾向は大きく分けて4つ。薄毛を改善するには、まずは自分がどのタイプかを知ることが大切です。

【1】びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、女性の薄毛で最も多いタイプです。全体的なボリュームの低下や、細毛など毛髪の太さの変化により髪の密度が減少し、つむじ付近から薄くなっていくのが特長です。

びまん性脱毛症

【2】FAGA(女性男性型脱毛)

FAGAは、「AGA(男性型脱毛症)」の女性版です。男性ホルモンが原因となる進行性の薄毛で、頭頂部や生え際から薄くなり始めるのが特長です。女性の場合、更年期やストレスなどが原因で女性ホルモンの分泌量が減少し、男性ホルモンが優位になると、AGAを発症することがあります。

FAGA

【3】牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、ポニーテールやアップのヘアスタイルなど、同じ部分の毛髪を長時間引っ張ることにより、毛根や毛根がダメージを受け起こる薄毛です。フロント部分や頭頂部など負荷をかけていた部分が薄くなるのが特長です。

【4】分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は、出産後一時的に抜け毛が急増する症状です。程度や個人差はありますが、出産した女性の多くが経験します。発症時期は人それぞれですが、産後2カ月目あたりから感じる人が多いのが特長です。一般的には、半年~1年で抜け毛が治まることが多いです。

分娩後脱毛症

女性の薄毛の原因は
1つではありません。

女性の薄毛は主に、血流の低下やホルモンバランスの乱れなどが原因になっていることが多いのですが、ストレスをはじめ、他にも遺伝的要素を含め様々なものが原因として関与しています。日常的なことでいうと、たばこは吸わない、過度な飲酒は避ける、栄養バランスに気をつける、質の良い睡眠をとる、過度なダイエットはしないなど気を配っていただきたいことはたくさんあります。いずれにせよ、女性の薄毛の原因は1つではありません。様々な要因が重なり合って薄毛になると考えられていますので、今一度ご自身の生活習慣などを見直してみましょう。女性の薄毛は年代によって原因が異なります。原因によって対処方法も変わってきますので、ご自身の状態を把握するためにも、気になるようでしたら薄毛治療専門クリニックの医師へのご相談をお勧めします。

年代で見る薄毛の原因 年代で見る薄毛の原因

女性ホルモンと
髪の関係性

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。
分泌量は一生のうちにわずかスプーン一杯分と言われており、大変少ないのですが、女性の身体にはなくてはならないもので、多大な影響を及ぼすものです。とくに「エストロゲン」は髪の成長や維持に関わる大事な成分になります。エストロゲンの減少とともに髪には以下のような変化が現れます。

薄毛と
ヘアサイクル

髪は一定のサイクルで成長しています。成長期(新しい髪が成長する期間)→退行期(成長が弱まる期間)→休止期(完全に成長が止まり髪が抜けてしまう)というサイクルが、通常2~7年で繰り返されています。 薄毛・抜け毛の多くは、このヘアサイクルが何らかの原因で短縮され、毛髪が完全に成長する前に抜け落ちることで起こります。

脱毛症のヘアサイクル 脱毛症のヘアサイクル
診療のご予約
無料カウンセリング
電話アイコン