この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 ウィメンズ

チーフ 糸井 麻美 (いとい あさみ)

2013年、クリニックに入職。入職時より女性の発毛治療と抗加齢医学を学び、カウンセラーとして患者さまからのお悩みをお聞きし、治療前の不安な気持ちに寄り添い、安心して治療を開始できるように心を尽くしてきた。
現在はDクリニック東京 ウィメンズ のチーフスタッフとして活躍中。患者さま一人ひとりに丁寧に向き合う診療を行うよう、スタッフに対して接遇向上や発毛治療に関する知識の強化を図るとともに、患者さまが心地よく過ごせる雰囲気づくり等にリーダーとして注力している。

薄毛で悩む女性が増えています。ライフスタイルの変化で、かつてはなかったようなストレスを抱えている人が多いことも遠因と思われますが、薄毛の原因はそれだけではありません。女性が薄毛になる原因を把握して、より効果的な対策で薄毛の悩みを軽くしましょう。

baseimage

薄毛に悩む女性の対策術(1)原因を知る

女性の薄毛にはいくつもの原因があり、「コレ」と1つに絞ることができないのが、女性の薄毛の特徴です。
いくつもの要因が絡み合って薄毛を発症しているのです。

女性の薄毛と男性の薄毛の大きな違い

男性の薄毛の多くは「AGA(男性型脱毛症)」です。

遺伝要素と、男性ホルモンの影響で発症するAGAは、何も手立てを講じなければどんどん薄毛が進む「進行型」の脱毛症です。

男性のAGAの場合は、薄毛のパターンがいくつかありますが前頭部の生え際、あるいは頭頂部から薄くなっていきます。

女性の薄毛も、女性版AGAとも言える「FAGA(女性男性型脱毛症)」が多いのですが、進行パターンが男性とは違い、広く頭部が薄くなります。男性のように、どこか特定の部位だけ薄くなるということは、ほとんどありません。

男性ホルモンの作用によって脱毛、薄毛になるのは、男性のAGAと同じです。しかし、もともとある女性ホルモンの分泌量が減ることで発症し、根本原因にホルモンバランスの乱れがあるのです。

そしてその次に多いのが「休止期脱毛症」で、こちらは男性ホルモンとは無関係です。
休止期脱毛症の原因は、ストレスや疲労、過激なダイエット、加齢などいくつかの要因が考えられます。
こちらも、頭部が全体的に薄くなっていきます。

髪の寿命を考える~ヘアサイクルと薄毛

髪の毛には生えて抜けるまでの周期があり、それを「ヘアサイクル」と呼んでいます。

<成長期>毛母細胞が細胞分裂を活発に行い、髪の毛が太く長く成長する時期。髪全体の90%が成長期に当たると言われ、約3~6年間続く

<退行期>細胞分裂が衰え、髪の成長が徐々に止まる時期。3週間前後

<休止期>細胞分裂が完全にストップし、寿命を迎えた髪が抜けるのを待っている時期。毛根では次の髪の毛が成長をし始めていて生えるのを待っている。3~4ヶ月

このサイクルに基づいて髪の毛は生え変わります。

ヘアサイクルとFAGA

FAGAは、遺伝要素に加えて女性ホルモンの分泌量の変化、それに伴う男性ホルモンの影響で発症するといわれています。

男性ホルモンは女性にも分泌されていますが、通常は女性ホルモンの方が多く、男性ホルモンの影響を強く受けることはありません。しかし、何らかの原因で女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンが優位になり、影響を受けやすくなってしまいます。

男性ホルモンの作用により、ヘアサイクルが乱れ、成長期が著しく短くなるため、成長途中の髪の毛が抜けていってしまうのです。

ヘアサイクルと休止期脱毛症

休止期脱毛症は、ヘアサイクルのうち「休止期」の期間が通常より長くなることで起こります。
休止期に入り、寿命を迎えた髪の毛が抜けた後、次の成長期になかなか入らず、新しい髪の毛が生えてこないため、頭部全体の毛髪の量が減ってしまい、薄毛となるのです。
成長期が短くなるFAGAとは違い、長くしっかりした髪が多く抜けるため、通常の抜け毛と見分けがつきにくいかもしれませんが、抜け毛の量が多いことと、全体のボリュームが少なくなることで気がつくようです。

(参照|Kami活ナビ「産後に脱毛するのはなぜ? 休止期脱毛症の原因と対策」

薄毛に悩む女性の対策術(1)原因を知る

薄毛に悩む女性の対策術(2)今日からできる薄毛対策

女性の薄毛の原因として、ホルモンバランスの乱れ以外に挙げられるのは

・栄養の偏った食事・過激なダイエット
・ストレス
・紫外線
・間違ったヘアケア
・頻回のパーマやヘアカラー
・不規則な生活

などです。

栄養バランスの取れた食生活

一時流行った「りんごダイエット」「バナナダイエット」などのように特定の食べ物ばかりを食べるダイエットは、決して健康的なダイエットではありません。

また、ファストフードやコンビニ弁当が続く食事、好きなものばかり食べて明らかに偏った食事なども健康に良くありません。
体に良くない食事が髪の毛に良いはずがないのはお分かりですね。

栄養バランスの取れた食事をする秘訣はたった1つ。
「まんべんなくいろいろなものを適量に食べること」。
これに尽きます。肉も野菜も魚もいろいろなものを食べるようにすれば、自然と栄養バランスは整います。

間違ったヘアケアを改める

女性だけでなく、多くの人がシャンプーは毎日行っていると思われますが、いかがですか。
抜け毛を実感する場面の1つがシャンプーの時でしょう。確かにシャンプーという刺激を受けて寿命の近い髪の毛が抜けることは良くあります。
本当に髪に良いシャンプーをしようと思ったらそのシャンプーにも気を遣いましょう。
より髪にやさしい育毛シャンプーなどもお勧めです。そして正しいシャンプー法で、より髪を労わりながら日々のヘアケアをしていきましょう。

ストレスを上手に発散する

過度のストレスは、自律神経、ホルモン分泌を乱し、免疫の働きにも影響し、それがヘアサイクルを乱すことにもつながります。
なかなかストレスをゼロにすることは難しいでしょうが、上手に発散させて気分転換を図ることはできそうですね。
趣味に没頭する時間を持つ、ウォーキングをする、カラオケに行く、など貴女自身のストレス発散法を見つけて上手に発散させてください。

パーマやヘアカラーの回数を見直す

オシャレな人ほど、パーマやカラーリングをマメにしているかもしれません。
でも、パーマもヘアカラーも髪にダメージを与える原因となるものです。
「しょっちゅうしている」という人は、その回数を見直してちょっと減らすことも考えてみましょう。
その代りと言ってはなんですが、新しい髪型に挑戦してみるのはいかがですか。
新たな魅力を発見することにつながるかもしれません。

頭皮も紫外線対策を忘れずに

お顔の紫外線対策はしても、頭部の紫外線対策は意外と忘れられているもの。
でも、頭皮だって日焼けします。
帽子や日傘を利用して、紫外線によるダメージから髪と頭皮を守りましょう。

規則正しい生活を

寝不足を解消したり、疲労が残らないように休息をとったり、生活習慣を整えましょう。
寝不足や疲労の蓄積から自律神経が乱れると、体や髪の毛にも良くありません。

頭皮マッサージをヘアケアに取り入れる

頭皮をマッサージするのは、頭皮の血行を良くするだけでなく、気分転換にもつながります。
是非、ヘアケアに頭皮マッサージを取り入れて、頭皮環境を少しでもよくしましょう。

育毛剤を使う

頭皮環境の改善を目的とした成分を配合した育毛剤はいくつも市販されています。
そういったアイテムをヘアケアに取りいれるのも良いですね。
ただし、育毛剤では、発毛や脱毛を抑制する効果は望めません。あくまでも頭皮環境を整えるのが目です。
スキンケアと同じような感覚で日々のケアに取り入れましょう。

帽子、ターバンなどオシャレ小物を上手に取り入れる

直接の薄毛対策にはなりませんが、日々の対策として、帽子やターバン、ヘアバンドなどを上手に取り入れて、薄毛が目立たないようなヘアスタイルにするのも良いかもしれません。「薄毛」という視点で考えた時、男性より女性の方がラッキーなのは、そういったヘア関連の小物がたくさんあること。
いつもの髪型にプラスワンすることで、イメージをガラリと変得ることができます。

薄毛に悩む女性の対策術(3)頭髪治療専門クリニックへ出かけてみましょう

個人で薄毛対策を講じても、果たしてどれだけ効果があるのか、自分ではなかなか確認できません。

女性の薄毛対策は、クリニックで医師と二人三脚で進めるのがお勧めです。
人には話しにくい女性の薄毛の悩み。だからこそ、客観的に状況を見てくれる第三者の存在は貴重です。
貴女の薄毛は、貴女が思っているより進んでいるかもしれません。逆に、心配するほどではないかもしれません。
当人では分からない薄毛の状況を冷静に見ることができる第三者が、頭髪治療のプロだったら、より的確なアドバイスが可能です。

頭髪の相談が気恥ずかしいのは分かります。
しかし、恥ずかしさを理由に手をこまねいていると、薄毛はどんどん進行してしまいます。
いつまでも素敵な貴女でいるためにも、ほんの少し勇気を出してみませんか。

薄毛に悩む女性の対策術(3)頭髪治療専門クリニックへ出かけてみましょう

ウィメンズヘルスクリニック東京の頭髪治療

ウィメンズヘルスクリニック東京は、女性の薄毛治療の専門クリニック。長年の治療経験をもとに、1人ひとりの症状に合わせた薄毛治療を行っています。

一人一人の薄毛の根本的な原因を把握し、それぞれに合った薄毛の対策を取ることで、多くの女性が今日も笑顔で過ごしていらっしゃることは、とても喜ばしいことです。

誰にでも話せる悩みでない分、1人で抱え込んでそれがまたストレスのもとになったりもします。
私たちは女性の髪の専門集団。是非一度相談にいらっしゃいませんか。

まずは無料カウンセリングから。

ウィメンズヘルスクリニック東京 無料カウンセリングフォーム

(まとめ)

なかなか人に相談しづらい悩みだけに、つい抱え込んでしまいがちな女性の薄毛。
原因を把握してそれに合った対策を取ることで、少しでもその悩みを軽くして過ごしたいですね。

この先も美髪でいるために、今日からできる対策を取りましょう。

女性の薄毛についてはこちらのコラムもお役に立ちます。

女性特有の薄毛FAGAの原因と治療法は?
頭部全体で髪の密度が減ってしまう『びまん性脱毛症』とは?
大量のフケが出る粃糠性湿疹(脱毛症)の原因と対策
頭皮がベタ付く脂漏性皮膚炎(脱毛症)の原因と対策
産後の女性に特有の「分娩後脱毛症」って何?

関連記事

最新記事