この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 ウィメンズ

チーフ 糸井 麻美 (いとい あさみ)

2013年、クリニックに入職。入職時より女性の発毛治療と抗加齢医学を学び、カウンセラーとして患者さまからのお悩みをお聞きし、治療前の不安な気持ちに寄り添い、安心して治療を開始できるように心を尽くしてきた。
現在はDクリニック東京 ウィメンズ のチーフスタッフとして活躍中。患者さま一人ひとりに丁寧に向き合う診療を行うよう、スタッフに対して接遇向上や発毛治療に関する知識の強化を図るとともに、患者さまが心地よく過ごせる雰囲気づくり等にリーダーとして注力している。

薄毛は女性にも悩ましい症状です。ただ髪が薄くなったと嘆いてばかりではなく、原因をきちんと知って、その原因に合った対処法を取ることで悩みを減らしていきましょう。今回は女性の脱毛症について、その原因と症状からアプローチ、より効果的な対処法を探るのにきっと役立ちます。

baseimage

大丈夫。女性の薄毛も治療で改善できます

近年は女性の薄毛が増加しています。薄毛に悩むのは男性だけではないのです。
女性の社会進出に伴う生活習慣の乱れ、ストレス、ホルモンバランスの乱れなど、理由はいくつかありますが、自分の薄毛の理由をきちんと知って、その理由に合った対策を取ることで薄毛は改善できます。

薄毛になると、髪のボリュームがダウンして、髪型が今ひとつ決まりません。
髪型が決まらないと、テンションも下がってしまいますね。
貴女に合った改善策で、薄毛の悩みと早くおさらばしましょう。

専門クリニックで薄毛の治療をする女性が増加中

女性の薄毛は、ひと昔前は「トシだから」「体質だから」と諦めることがほとんどでした。
でも、今は発毛治療によって改善されることが広く知られるようになり、頭髪治療専門クリニックを訪れる女性が増えています。

ウィメンズヘルスクリニック東京においても、薄毛治療で来院する女性の数は年々増加しています。年齢層も幅広く、20代~30代の若い世代から、40代~50代まで、実に多くの悩める女性がクリニックの門を叩いています。
これは、いわゆる加齢や更年期を原因とする薄毛だけでなく、若い女性にも抜け毛や薄毛の悩みが生じているということです。

「薄毛って女性も治療するものなの?」
そんな意識はひと昔前のもの。今や女性も薄毛を治療し、改善させるのです。薄毛のために頭髪治療専門クリニックに行くことは何も特別なことではありません。

いつまでもはつらつとした毎日を送るためにも、適切な治療で薄毛を改善しましょう。

女性の薄毛の原因あれこれ

女性の薄毛の原因として以下の3つが挙げられます。

1.加齢

若い頃にはハリのあった肌にたるみが目立つようになり、シワやシミに悩まされるようになる…肌がそうやって歳を取るように、髪も歳を取ります。
正確には髪を作る毛根の「毛乳頭細胞」「毛母細胞」などが加齢によって老化していくことで、髪も老化していくのです。
髪の密度は20歳、太さは35歳頃がピークと言われます。40歳前後からだんだん髪のハリやコシがなくなり、白髪や薄毛など「髪の加齢現象」が見られるようになります。
そして薄毛などの髪の老化をさらに加速させるのが、紫外線、乾燥、皮脂、汗、パーマやカラーリングのし過ぎなどです。

2.ホルモンバランス

女性のホルモンバランスが乱れる原因にはいくつかあります。
妊娠や出産、更年期などはよく知られていますが、その他にも、ストレスや睡眠不足、過度のダイエットなどによる栄養不足もホルモンバランスを乱し、髪の成長を妨げ、薄毛の症状をおこす大きな要因です。

3.ストレス

女性の社会進出に伴って、過剰なストレスを抱える女性は確実に増えています。
仕事や家庭内の問題、社会不安、人間関係、体調不安など、女性は日ごろからストレスと闘いながら生きていると言っても過言ではありません。
また、薄毛のことを気にし過ぎるのも、新たなストレスとなるので、あまり気にし過ぎるのも良くありません。

女性の薄毛の原因あれこれ

女性の薄毛の症状は

原因がいくつかあるように、女性の薄毛にもいくつかの症状があります。

(1)びまん性脱毛症

「びまん」というのは「全体に広がる」という意味の言葉です。文字通り「髪の毛が全体的に薄くなる」のがびまん性脱毛症で、女性の薄毛で最も多く見られる脱毛の症状です。
薄毛の原因は老化、ストレス、極端なダイエットによる栄養不良、間違ったヘアケアなどが挙げられます。

特に40代以降の女性に多く薄毛の症状が見られることから、更年期との関係も否定できませんが、昨今、女性のホルモンバランスを崩す要因は更年期だけではなくなっており、若い世代の女性も悩んでいると言われます。
髪が痩せてコシがない、分け目やつむじが以前より目立つ気がする、髪がペタンとしてボリュームがないため、髪型が決まらない……こんなふうに感じたら、びまん性脱毛症かもしれません。

(2)分娩後脱毛症

妊娠中は、女性ホルモンが多く分泌されています。そのせいで髪の毛は成長期を維持しているため、抜け毛は気にならなかったはず。
それが、産後は女性ホルモンの分泌量が妊娠前に戻ってしまうため、成長期が維持されていた髪の毛は一気に休止期状態に入ります。そのせいで抜け毛が一時的に増え、薄毛になってしまうというものです。

これは産後の一時的な症状で、成長期から休止期への移行が済めば、ヘアサイクルに従ってまた髪も生えてきます。一年程度、様子を見ましょう。

(3)粃糠(フケ)が原因の皮膚炎による脱毛

多量の乾燥したフケが出て、そのフケが毛穴を塞いだり、雑菌が発生することで炎症を起こし、脱毛の原因となるものです。
合わないシャンプーを使用している、シャンプーの回数が多すぎる、シャンプーをはじめとしたヘアケアが間違っている、などの原因が考えられます。
ヘアケアを見直したり、皮膚科を受診して炎症を治せば脱毛も治るはずです。

(4)脂漏性皮膚炎による脱毛症

皮脂が過剰分泌され、そこに雑菌が繁殖することで炎症を起こし、髪の毛が抜けやすくなってしまう、これが脂漏性皮膚炎による脱毛症です。
発症には、食事やヘアケアなど、生活習慣が大きく関与しています。抜け毛だけでなく、頭皮のベタつきを感じたら、脂漏性脱毛症の可能性があります。

(5)円形脱毛症

自分には経験がなくても、その症状などは意外と知られているのが「円形脱毛症」です。
徐々になる薄毛ではなく、ある日突然、ある部分の毛が抜け落ちてしまうも脱毛症です。
脱毛箇所が1ヶ所のこともあれば数ヶ所のこともあります。また、円形だけでなく、楕円形の場合もあり、大きさも100円玉くらいから、もう少し大きなものまであり、悪化すると拡大して複数の脱毛箇所が結合して大きくなることもあり、症状の出方はいろいろです。
円形脱毛症は、自己免疫疾患と考えられています。髪の長い女性はなかなか気づきにくいことが多いのですが、急に抜け毛が増えたと感じられるような場合は、頭皮のチェックをお忘れなく。
円形脱毛症の治療には保険が適用されますから、皮膚科などにかかりましょう。

(6)けん引性脱毛症

髪が長く、まとめ髪スタイルを楽しんでいる女性に多く見られる脱毛症です。特に、お気に入りのまとめ方があってよくそのスタイルをする、という人は要注意。
ポニーテールやお団子ヘアなど、いつも同じ場所で髪を縛り、引っ張るような髪型をしている場合、長時間引っ張られることが髪の毛や頭皮に負担となって薄毛を促進してしまうことがあります。
いつもアップにしているなら、たまにはおろしてみるのもいいでしょうし、仕事がらまとめ髪にしなければいけないような人は、まとめ方やその場所を変えてみることで、少しでも髪や頭皮の負担を少なくし、薄毛を回避することを考えてみてください。

女性に多い薄毛『びまん性脱毛症』女性特有の薄毛について知りましょう
頭部全体で髪の密度が減ってしまう『びまん性脱毛症』とは?
大量のフケが出る粃糠性湿疹(脱毛症)の原因と対策
頭皮がベタ付く脂漏性皮膚炎(脱毛症)の原因と対策
産後の女性に特有の『分娩後脱毛症』って何?

薄毛だからって諦めないで! 女性には女性の薄毛治療

女性の薄毛の原因には、男女共通のものもあれば、女性特有の原因もあります。
だからこそ、お勧めしたいのが女性専門の医療を提供してくれるクリニックでの治療。
「ウィメンズヘルスクリニック東京」は、女性ホルモンを中心とし、ホルモンバランスに着目した「女性のための」医療を提供しています。

薄毛の原因はいくつかに分けられても、さらに個人のライフスタイルや体質などで、結局のところその原因は「人それぞれ」。
「ウィメンズヘルスクリニック東京」の頭髪専門外来では、頭髪や頭皮のチェック、血液検査などの検査を踏まえ、さらに個人の家系や食生活などの生活習慣を聞きとることで、1人ひとりに合った治療を提供しています。

クリニックに行くのは気恥ずかしい、時間がない、などの理由から、クリニックに行くのを、迷っている間にも時間は流れ、症状は進みます。
市販の薄毛治療剤も一定の効果を得られると思われますが、より確実な効果をより早く得たいのであれば、薄毛の治療が可能な頭髪治療専門クリニックでの治療がお勧めです。

ミノキシジルは女性薄毛治療の強い味方!効果と副作用を解説

まずは無料カウンセリングから

薄毛治療に入る前に無料カウンセリングを行っている発毛治療専門クリニックは多くあります。
「ウィメンズヘルスクリニック東京」でも、専門スタッフによる無料カウンセリングを行っています。
カウンセリングの際に、薄毛治療の期間や治療にかかる費用などについてどんどん質問してください。
その場で結論を出す必要はありません。
一度家に帰って、ゆっくり考えてもいいのです。

まずは貴女の髪の毛の「いま」を客観的に把握するところから、すべては始まります。
無料カウンセリングはこちら
ウィメンズヘルスクリニック東京 無料カウンセリングフォーム

まず自分の髪の毛や頭皮の状態を知りたい! そんな人はこちらから
ウィメンズヘルスクリニック東京 頭髪セルフチェック

まずは無料カウンセリングから

(まとめ)原因に合った対処法で、悩みと早くサヨナラを

女性を悩ませる薄毛の原因はさまざまです。
帽子やカチューシャを上手に使って、オシャレをしながら隠すことももちろん大事です。
でも、それは根本的な解決にはなりません。

薄毛でクリニックに行くなんて恥ずかしい、そんな気持ちがもしあるのなら、早くにそんな気持ちを捨てて、一日も早くクリニックにお出かけください。

今回の薄毛に関する記事は以上です。

関連記事

最新記事