この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 ウィメンズ

チーフ 糸井 麻美 (いとい あさみ)

2013年、クリニックに入職。入職時より女性の発毛治療と抗加齢医学を学び、カウンセラーとして患者さまからのお悩みをお聞きし、治療前の不安な気持ちに寄り添い、安心して治療を開始できるように心を尽くしてきた。
現在はDクリニック東京 ウィメンズ のチーフスタッフとして活躍中。患者さま一人ひとりに丁寧に向き合う診療を行うよう、スタッフに対して接遇向上や発毛治療に関する知識の強化を図るとともに、患者さまが心地よく過ごせる雰囲気づくり等にリーダーとして注力している。

【FAGAや女性の薄毛治療は病院でできるの?】女性の薄毛の悩みはデリケート。「病院で治療できるものなの?」「どの病院に行けばいいの?」「不安になるけど他人には相談しにくい…」そんな不安にお応えします。FAGAなどの女性の薄毛についての基礎知識と治療法、病院選びについてご紹介します。

baseimage

FAGAとは? 女性の薄毛で悩んだら、病院で治療できるか相談しよう!

FAGAという言葉を聞いたことがありますか?
これは女性の薄毛の一種で、女性版のAGA=FAGA(Female AGA)、日本語では「女性男性型脱毛症」と呼ばれています。
最近では、FAGAを含めた広義な女性の薄毛を「女性型脱毛症=FPHL」と呼ぶこともあります。

男性向けのAGA(男性型脱毛症)治療薬は、テレビCMや広告などで見かけることはありますが、女性向けのFAGA治療については、まだ目にすることは多くはありません。そのため、女性は薄毛が気になっていても、「男性向けの治療薬を使用するしか方法はないのか」「病院などで治療できるのか」と不安になることも少なくないでしょう。

身体の健康に対する不安は、信頼できる医師に相談することで解消できます。しかし、女性の薄毛はどんな病院で相談すればいいのでしょうか?
普段訪れる皮膚科や泌尿器科で、「AGA(男性型脱毛症)のご相談を受け付けています」と書いてあるポスターを見て、「じゃあ、病院で女性の薄毛はどこで相談すればいいの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

そもそも、男性の薄毛と女性の薄毛に、違いはあるのでしょうか。
まず、FAGA(女性男性型脱毛症)をはじめとした女性の薄毛について理解しておきましょう。

FAGAの基礎知識|女性の薄毛は、男性の薄毛とは違うものなの?

一言に「薄毛」と言っても種類や原因はさまざまです。それによって、治療法や受診するべき病院も変わってきます。ここでは、男性の薄毛との違いや、FAGAをはじめとする女性の薄毛についての基礎知識や原因を解説します。

FAGAや女性の薄毛の基礎知識(1)FAGA(女性の薄毛)は男性の薄毛とは別物!

女性の薄毛FAGAは、男性の薄毛AGAとは違う形で症状が現れます。
男性の薄毛は前頭部の生え際ラインや頭頂部から発症して進んでいくことが多いのですが、FAGAの場合は、40歳前後から頭部全体の毛髪が細くなり、ボリュームの減少が見られます。

FAGAは髪が細くなり、抜け毛も増えていくのが特徴です。症状が進行すると、頭部の広範囲にわたって抜け毛が目立つようになり、頭頂部などは皮膚が見えるレベルになる場合もあります。

FAGAや女性の薄毛の基礎知識(2)FAGAの原因

FAGAで女性が薄毛になる大きな要因として考えられているのは、女性ホルモンの減少です。女性は、年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌が減少していきます。
閉経前後は急激に女性ホルモンの量が減少するため、ホルモンのバランスが崩れて心身にさまざまな不調があらわれる「更年期障害」に悩む人もいます。

女性ホルモンは、ヘアサイクル(1本の髪の毛が成長しはじめてから抜け落ちるまでの周期)の中で「成長期間」を長くする働きがあるといわれています。しかし、女性ホルモンが減少すればこの働きが弱くなるため、FAGAの発症につながる恐れがあります。

一見、若い女性には関係のないことのように思えますが、油断は大敵です。ホルモンバランスの乱れは、加齢だけが原因ではなく、ストレスや不規則な生活習慣・食生活が関連していると考えられているからです。

FAGAや女性の薄毛の基礎知識(3)FAGA以外の薄毛もある

女性の薄毛は、すべてがFAGAとは限りません。FAGA以外に、主に4つの薄毛の種類があります。その種類ごとに、受診する病院や治療方法も変わってきます。

びまん性脱毛症
女性ホルモンのバランスや血行不良などが深く関わっている「びまん性脱毛症」には、多くの女性が悩まされています。
大きな要因としては、加齢やストレスによって毛の発育をサポートしている女性ホルモン「エストロゲン」が減少し、ヘアサイクルが乱れ、抜け毛や細い毛が増えることにより、薄毛になってしまうものです。
びまん性脱毛症について詳しくは、こちらのコラムをご覧ください。

頭部全体で髪の密度が減ってしまう「びまん性脱毛症 」とは?

粃糠性脱毛症
頭皮にかゆみがあり、大量のフケが発生する「粃糠性(ひこうせい)脱毛症」。洗浄力が強すぎたり、自分の肌に合っていないシャンプーや整髪料を使用したりすることにより、頭皮が過度に乾燥してしまうことが、女性が薄毛になる原因の1つです。
粃糠性脱毛症について詳しくは、こちらのコラムをご覧ください。

大量のフケが出る粃糠性湿疹(脱毛症)の原因と対策

脂漏性脱毛症
「脂漏性(しろうせい)脱毛症」は、大量の皮脂で頭皮環境が悪化し、薄毛になってしまう脱毛症です。
皮脂が異常に分泌されることで頭皮環境が乱れ、炎症が起こってしまうことが脂漏性脱毛症の原因と考えられています。
髪や頭皮が皮脂でベタつき、頭皮に吹き出物や湿疹、かさぶたといった炎症が出る場合もあります。
皮脂の異常分泌には、ストレスや生活習慣の乱れ、不十分な洗髪など、さまざまな要因が関わってきます。
脂漏性脱毛症について詳しくは、こちらのコラムをご覧ください。

頭皮がベタ付く脂漏性皮膚炎(脱毛症)の原因と対策

分娩後脱毛症(産後脱毛症)
産後の女性特有の「分娩後脱毛症(産後脱毛症)」。妊娠後期にホルモンの影響でヘアサイクルの成長期が延び、髪の毛が増えます。その後、出産を終えると女性ホルモンが元に戻り、延長していたヘアサイクルが一気にリセットされて髪の毛が抜ける、出産特有の脱毛症状です。

また産後は環境の変化も激しく、ストレスや睡眠不足なども、脱毛につながってしまう場合があります。

しかし、この産後の分娩後脱毛症(産後脱毛症)による薄毛については、そんなに深刻に考えることはありません。ヘアサイクルが元に戻ることで出産後2〜3ヶ月をピークに、半年から1年で快方へと向かいます。ヘアサイクルの回復には個人差があるので、抜け毛の量がなかなか減らないこともあります。

分娩後脱毛症について詳しくは、こちらのコラムをご覧ください。

産後の女性に特有の「分娩後脱毛症」って何?

FAGAの基礎知識|女性の薄毛は、男性の薄毛とは違うものなの?

FAGAや女性の薄毛は病院で治療できるの?

では、FAGAなどの女性の薄毛の治療を病院でするとしたら、どのような治療が受けられるのでしょうか。

FAGAや女性の薄毛の治療方法(1)症状に合わせて病院を受診する

まずは、薄毛の症状に合わせて病院を選びましょう。頭皮にフケやかゆみ、皮脂の過剰分泌、炎症がある場合は、一般的な皮膚科を受診しましょう。

また、毛髪が部分的に脱毛する「円形脱毛症」は、発症の原因や治療方法などの詳細はまだ解明されていませんが、主な原因は「自己免疫疾患」と考えられています。まず考えられるのは皮膚科ですが、強いストレスを感じていたり、それに伴う体の不調があったりする場合は、心療内科や精神科を受診することも、人によっては良いかもしれません。薄毛の治療も大事ですが、髪に心の健康も大事なことです。

生理不順や月経異常などを併発し、ホルモンバランスが乱れている可能性がある場合は、婦人科を受診しましょう。産後の女性の場合「分娩後脱毛症(産後脱毛症)」の自然回復に時間がかかるようであれば、相談してみると安心です。

FAGAや女性の薄毛の治療方法(3)「ミノキシジル」で治療

「ミノキシジル」という成分には、発毛・抜け毛の進行予防の効果があり、ミノキシジル外用薬が薬局やドラッグストアで市販されています。

男性用の薄毛治療薬のイメージが強い発毛剤ですが、女性の発毛剤も販売されています。
厚生労働省の承認を得ている治療薬なので、安心して使用できます。しかし、病院で診察を受けたうえで処方されるミノキシジルは、患者様に適した濃度のものを処方されることもあります。
ご自分に適した発毛剤をお求めの場合は、取り扱いのある頭髪治療専門クリニックを受診し、処方してもらいましょう。

FAGAや女性の薄毛の治療方法(2)病院で処方された外用薬

病院によって治療方法は異なりますが、FAGAなど一般的な女性の薄毛症状を治療する場合、多くはミノキシジル外用薬を使用します。

自己免疫疾患や皮膚疾患が原因となる薄毛の治療薬は、保険が適用されます。同じ治療法でも、自費診療の場合は病院によって費用が異なるので、治療をはじめる前にしっかりと治療費用について確認しておきましょう。

FAGAなど女性の薄毛を治療する専門病院とは?

一般病院や皮膚科などを受診しても、なかなか効果が得られないときは、女性の薄毛治療を専門とする病院を訪れるのもよいでしょう。薄毛治療に関する知識や経験が豊富なので、安心して治療をスタートできます。

ウィメンズヘルスクリニック東京には、女性の薄毛治療をおこなう頭髪外来があります。症状に合わせた処方内容で、様々な分野の専門の医師がそれぞれの立場からアドバイスをしています。

あなたの薄毛はFAGA?それとも?治療できるか病院に相談を!

ここまで、FAGAはじめ女性の薄毛について解説してきました。それでも、病院を受診する決心がつかなかったり、まだまだ誰かに相談したい!と思ったりする方も多いでしょう。
そんな方は、無料カウンセリングからはじめてみませんか?

薄毛の治療に対する不安やお悩み、具体的な治療や治療費についてなど、専門の女性スタッフが詳しく丁寧に説明します。
女性の薄毛は、とてもデリケートな悩みです。女性専門のクリニックのカウンセリング専門の女性スタッフにぜひご相談ください。

ウィメンズヘルスクリニック東京 無料カウンセリング

あなたの薄毛はFAGA?それとも?治療できるか病院に相談を!

(まとめ)

FAGAなど女性の薄毛の治療は病院で可能です。「髪は女の命」と言われているように、女性にとってFAGAなどの薄毛はとてもショッキングでデリケートな問題です。友人にも、なかなか相談しづらいでしょう。でも、自分ひとりで抱え込まなくてもいいのです。FAGAなどの女性の薄毛治療の専門クリニックなら、一緒に薄毛に向き合ってくれるので、心強いです。

まずは、あなたの明るい未来のために前向きな行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

最新記事