ヘアライター佐藤友美の 人生は髪から変わる

Special Hair Column

10

育毛剤と発毛剤はここが違う

生えた毛にアプローチする育毛剤、生える前にアプローチする発毛剤

ヘアライターのさとゆみです。

育毛剤と発毛剤。みなさんは、この違いをご存知でしょうか。
ちょっと乱暴な言い方になりますが、育毛剤は、「今、ある毛」のためのものです。一方で、発毛剤は、「これから生えてくる毛」のためのものです。
もう少し詳しく説明しましょう。

育毛剤は、頭皮を清潔に保つことで、髪が育ちやすい環境を整える役割をしています。今、すでに生えている毛を、太く長く、丈夫に育てる環境づくりために働きかけをするわけですね。また、育毛剤には、薄毛の原因物質の生成をふせいで、抜け毛を防ぐ効果もあります。前のコラムで「30代から予防的に育毛剤を使ってもいい」と書きましたが、育毛剤は、ヘアケアの延長線上で気軽に使えるものになってきました。
では、これが発毛剤となると、何が違うのでしょうか。

発毛剤は、髪の毛を生成する「毛包(もうほう)」を活性化させて、新しい髪が生まれてくるのを促進します。
育毛剤が生えてきた毛にアプローチするのに対して、発毛剤は、これから生えてくる毛に対してアプローチするというわけです。

多くの発毛剤には、ミノキシジルという成分が含まれています。現在、髪を生やすことができる外用薬として認可されているのは、この、発毛剤に入っているミノキシジルだけ。
ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として知られていましたが、高血圧の治療として使った人たちに発毛効果が認められたので、以来、発毛を促進する成分として利用されるようになりました。

もし、育毛剤で効果が見られない場合は、発毛剤に切り替えるのがおすすめです。育毛剤と違って、発毛剤は医薬品になります。皮膚科やクリニックなどに相談して処方してもらうのがいいでしょう。
最近では、男性だけではなく、女性向けの発毛クリニックの数も増えてきていますから、そういった場所でカウンセリングしてもらうのもいいと思います。

2つの「髪密度」を意識して、薄毛をカバー

ひとくちに「髪が痩せてきた」「薄毛が気になる」といっても、その理由はいろいろあります。
最近では「髪密度」などという言葉が使われたりしますが、髪のボリュームが出にくくなるのには、この、2つの「髪密度」が関係しています。

まず、髪のボリュームが出にくくなる理由その1。これは、生えてきた毛が細かったり、頼りなかったりして「髪密度」が低下するケース。
この場合は、頭皮ケアだけではなく、1本1本の毛に対するアプローチも重要です。コシの出るタイプのヘアケア剤を使うのもいいでしょう。こういう方が、シャンプー&トリートメントで「しっとりタイプ」を使うと、髪が重さに負けてよけいボリュームが出にくくなることがあります。保湿が強すぎるタイプよりは、「ふんわりタイプ」のシャンプー&トリートメントを使って、根元を立ち上げやすくするといいですよ。
もちろん、育毛剤を使って、1本1本が太く丈夫になるように働きかけるのもおすすめです。

もうひとつ、髪のボリュームが出にくくなり、薄毛が気になる原因は、そもそもひとつの毛穴から生える毛の本数が減っているケースです。毛の本数自体が減っているので、「髪密度」が低くなるというわけです。
この場合は、頭皮にアプローチをして、ひとつの毛穴から元気で健やかな髪が生えてくるように対策を考えなくてはいけません。
先ほどお話したような、発毛剤を使いたいのはこのケース。同じ髪密度を高めるといっても、毛根から生えてくる髪の本数自体を増やしたいときは、発毛剤を使用するのがよいのです。

また、髪の毛を作る毛包の内部には、毛母細胞があります。
毛母細胞も細胞のひとつなので、抗酸化作用のある食品を取り込むのがよいと言われています。具体的には、ビタミンCやベータカロチンを多く含む食品をとるのがいいですよ。

ヘアライター 佐藤友美(さとゆみ)

日本初のヘアライター。 約20年のヘアライター人生で、約4万人、200万カットものヘアスタイル撮影に立ち合う。「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在で、日本はもとより、海外でも美容師向けの講演を行い、セミナーを受けた美容師はのべ3万人を超える。
歯切れのいい解説で、NHK「あさイチ」、MBS・TBS系「林先生が驚く 初耳学! 」などのテレビ、ラジオ番組などで活躍する一方、ヘアアドバイザーとして全国の女性の髪の悩みにこたえ、高い満足度を得ている。現在、ESSEonline「ヘアの問題白黒つけます」やmi-mollet(ミモレ)「さとゆみの『ドラマな女たち』ヘア&メイクcheck」などを連載中。著書に、ベストセラーとなった『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)、『女は、髪と、生きていく』(幻冬舎)などがある。近著に『髪のこと、これで、ぜんぶ。』(かんき出版)。