エイジングケアコラム

【クリニック監修】女性なら誰にでもやってくる「更年期」は抜け毛にも要注意!

  • 薄毛の症状
女性なら誰にでもやってくる「更年期」は抜け毛にも要注意!

更年期になると、さまざまな体調不良を訴える人が多くいます。のぼせ、ほてり、肩こり、うつ状態…症状の軽い人もいれば、日常生活に支障を来すほどの症状を訴える人もいます。そして薄毛もこの時期に注意をしなければいけません。ホルモンバランスの大きな変化によって薄毛が進行してしまう女性がたくさんいるのです。

社会的にも身体的にも大きな変換点「更年期」

「更年期」というのは、閉経前後合わせた約10年間のことを言います。
日本の女性は約50歳で閉経を迎えることが多いことから、一般的には45~55歳が更年期世代というわけです。
もちろん、初潮年齢が人それぞれ違うように、閉経の年齢も人それぞれ。更年期が早く始まる人もいれば、ゆっくりとくる人もいます。

更年期の原因

更年期の原因を一言で言ってしまうならズバリ「加齢」です。
加齢によって卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が減ることで、さまざまな身体症状や精神症状が現れるのです。
なかでも、家事や仕事などの日常生活に支障が出るような症状を「更年期障害」と呼びます。

更年期と女性ホルモン
減少すると更年期障害を引き起こす女性ホルモンですが、元々は女性に有効な働きがたくさんります。

大きく分けると、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類にの女性ホルモンは分けることができます。
エストロゲンは女性らしい美しさや髪の成長に役にたつ働きをします。
プロゲステロンは、女性の妊娠に大きく関わる作用があります。
このうち、更年期に大きくかかわっているのはエストロゲンというホルモンです。

エストロゲンは8~9歳頃から分泌が始まり、徐々にその分泌量が増えていきます。
エストロゲンの分泌は20~30歳代にピークを迎え、その後はだんだん減少していきます。
閉経が近づくと、その分泌量は大きく激減します。
このエストロゲンの分泌量の急激な減少に体がおいつかず、更年期症状や更年期障害があらわれるのです。

代表的な更年期の症状
更年期障害の症状は大きく3つに分けられます。

・血管の拡張と放熱に関する症状
ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、発汗 など

・その他の身体症状
目まい、動悸、頭痛、肩こり、疲れやすい、関節の痛み など

・精神症状
気分の落ち込み、意欲低下、イラつき、情緒不安定、不眠 など

更年期の症状は実に多彩です。これらの症状が1つだけ発症する人もいれば、いくつか複合して発症する人もいます。

症状によっては、他の疾患が疑われ、検査が必要な場合もあります。

(参照|公益社団法人日本産婦人科学会「更年期障害」

更年期世代の女性のライフステージ

どこかの家の娘さんとして生まれた一人の女性が、成長して結婚し、子どもを産み育てて、やがて巣立ち、ホッと一息…更年期世代の女性はまさにそんな時期の人も多いのではないでしょうか。
それまで第一線で活躍していた夫が第一線を退き、そろそろ第二の人生を考え始めるような時期に重なる人もいるかもしれません。

それまで、夫を支え、子どもたちのつつがない日常のために労力と時間を捧げてきたであろう女性の人生にも、仕事をしている女性にも、職場での重要なポジションの変化などの転機が訪れる時期かもしれません。

また、一般的に考えると多くの女性が、この時期に親との別れを経験します。それを機に改めて、自分自身と向き合う機会も増えるのではないでしょうか。

そんな生活や環境の変化は、少なからずストレスをもたらします。

更年期世代は、生活のスタイルが大きく変わる時期とも重なりやすいため、余計不調を強く感じることもあるようです。

更年期は薄毛進行期!?

エストロゲンの分泌が減るということ

更年期には女性ホルモン・エストロゲンの分泌量が急激に減ります。それによって、さまざまな症状が現れる更年期。
このエストロゲンの分泌量激減は、髪の毛にも大きな影響を及ぼします。

エストロゲンの働きは以下のようなものです。
・自律神経を安定させる
・女性らしい体を作る
・乳腺の発達を促進
・骨密度の保持
・肌のハリや潤いの保持
・髪にツヤをあたえる
・コレステロールの分解、排出を促進

エストロゲンの分泌量が減少することで、
・髪の毛の成長が弱くなる
・肌(頭皮も含めて)が乾燥する
・骨量が減少するため、骨粗しょう症のリスクが増加する
・コレステロール値が上昇→動脈硬化のリスクが増加する

などの影響が出てきます。

長年の頭皮や髪へのダメージの積み重ねが現れる

若い頃からパーマやカラーリングなどを、繰り返している女性もおられるでしょう。
パーマやカラーリング、ドライヤーの使用などは、スタイリングには必要でも少なからず髪や頭皮にはダメージを与えます。
更年期のエストロゲンの減少により、そんなダメージの蓄積が、修復しきれず髪や頭皮に現れやすくなってきます。
それが抜け毛、薄毛というわけです。

以上のことから、エストロゲンの減少や蓄積された髪や頭皮へのダメージが、更年期女性の髪の変化となっています。

更年期そのものを無くしたり止めたりすることは不可能ですが、効果的な対策で、少しでも薄毛を予防したいですね。

更年期は薄毛進行期!?

早めの対処で更年期の薄毛を予防!

程度の差はありますが、更年期は女性なら誰にでも訪れます。
早い段階で抜け毛や薄毛への対策を取ることがお勧めです。

セルフケアでできる更年期の症状緩和法!

頭皮マッサージで血行促進

頭皮マッサージは、血行を促進し、頭皮全体に栄養を行き渡らせる効果や、新陳代謝を高める効果があります。

頭皮マッサージで頭皮環境を整えましょう。

頭皮マッサージは、指の腹でかるく指圧するように行います。
入浴中や入浴直後、洗髪後は血流が高まっているため、より効果的でしょう。

最近は、ヘッドスパのお店も増えました。
たまには、疲れた自分へのご褒美に、ヘッドスパに出かけるのも良いのでは。

家庭でヘッドスパが手軽にできるグッズも販売されています。
そのような製品を上手に取り入れて、楽しみながら頭皮マッサージができると良いですね。

市販の育毛剤をヘアケアにプラス

頭皮や髪の毛に良い成分が配合された、育毛剤が販売されています。
いつものヘアケアにそういったアイテムをプラスするのも良いでしょう。

女性用育毛剤には、女性ホルモンに似た成分が配合されていることが多く、髪の成長を促すことにひと役買ってくれるでしょう。

イソフラボンを摂取する

イソフラボンは、大豆に多く含まれていて、エストロゲンと似た化学構造を持っています。
イソフラボンを摂取することで、エストロゲンの働きを補う効果を得られる人もいるため
、更年期障害への対策として注目さています。

納豆、味噌、豆腐などを積極的に摂りましょう。

最近は、イソフラボンを配合したドリンクやサプリメントなどもよく目にします。イソフラボンの摂取がしやすくなっている嬉しい環境をもっと活用したいものです。

更年期の薄毛は頭髪治療専門クリニックで対処を

「薄毛が気になる」「肌のハリがなくなってきた」などの女性の加齢変化には、女性ホルモンの分泌量の減少が大きく関わっていますが、そのほかにも、生活環境の変化などのさまざまな要因も絡んでいます。
女性の薄毛の悩み、特に更年期世代の悩みには、そういった多角的視点からのアプローチが必要です。

人生60年と言われた時代はとうの昔に過ぎ、今や人生100年と言われる時代。
更年期以降も輝いて生きていくために、薄毛に対する適切な対処で、明るく更年期を乗り切りましょう。

ウィメンズヘルスクリニック東京では、ホルモンバランスだけでなく、さらに細かな観点から、女性の薄毛の原因を把握していきます。

つらい更年期の悩みを1つでも軽くしたいなら、一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングはこちらから。
ウィメンズヘルスクリニック東京 無料カウンセリングフォーム

更年期の薄毛は頭髪治療専門クリニックで対処を

(まとめ)

卵巣機能の低下によって起こる更年期は、女性なら誰にでも訪れます。

体調不良を感じる場面も多く、気分が滅入りがちですが、楽しく老いていく通過点だとプラスにとらえて、明るく乗り切りたいものです。
この時期は薄毛の進行も気になります。

セルフケアだけでなく、クリニックでの治療で少しでも髪の悩みを減らしましょう。

更年期が幸年期となりますように。

この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング クレアージュ東京

チーフ 糸井 麻美 (いとい あさみ)

2013年、クリニックに入職。入職時より女性の発毛治療と抗加齢医学を学び、カウンセラーとして患者さまからのお悩みをお聞きし、治療前の不安な気持ちに寄り添い、安心して治療を開始できるように心を尽くしてきた。
現在はクレアージュ東京のチーフスタッフとして活躍中。患者さま一人ひとりに丁寧に向き合う診療を行うよう、スタッフに対して接遇向上や発毛治療に関する知識の強化を図るとともに、患者さまが心地よく過ごせる雰囲気づくり等にリーダーとして注力している。

関連記事

最新記事

診療のご予約
無料カウンセリング
電話アイコン