この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 ウィメンズ

チーフ 糸井 麻美 (いとい あさみ)

2013年、クリニックに入職。入職時より女性の発毛治療と抗加齢医学を学び、カウンセラーとして患者さまからのお悩みをお聞きし、治療前の不安な気持ちに寄り添い、安心して治療を開始できるように心を尽くしてきた。
現在はDクリニック東京 ウィメンズ のチーフスタッフとして活躍中。患者さま一人ひとりに丁寧に向き合う診療を行うよう、スタッフに対して接遇向上や発毛治療に関する知識の強化を図るとともに、患者さまが心地よく過ごせる雰囲気づくり等にリーダーとして注力している。

AGAの女性版・FAGA。女性ホルモンの分泌量が減り、男性ホルモンが優位になると、発症します。AGAが進行性の脱毛症であるように、FAGAもまた進行性です。抜け毛を少しでも予防し、進行を食い止め、薄毛を改善するために、どんな手立てがあるのでしょうか。

baseimage

女性の薄毛と「FAGA」

AGA(男性型脱毛症)は男性だけのものではない!?

「AGA(男性型脱毛症)」という言葉は、すっかりお馴染みの言葉となっています。
男性ホルモンが原因となる進行性の脱毛症で、多くの男性が悩み、改善のために治療を受けています。

男性ホルモンが原因となる脱毛症なら、女性には関係ない…そんなふうに思っていませんか?
その認識は大きな間違いです。

確かに、AGAの発症には男性ホルモンが大きく関与しています。
でも、男性の体内にも女性ホルモンが分泌されているように、女性の体内にも男性ホルモンは分泌されています。
通常は、女性ホルモンの分泌量の方が圧倒的に多いため、生活するうえで男性ホルモンの影響を考える機会はないと思いますが、骨格や筋肉の発達などは男性ホルモンが関係しています。

女性の場合、更年期やストレスなどが原因で女性ホルモンの分泌量が減少し、男性ホルモンが優位になると、AGAを発症することがあります。AGA(=Androgenetic Alopecia)の女性版ということで、FAGA(=Female Androgenetic Alopecia)と呼ばれています。最近では、FPHL(=Female Pattern Hair Loss)という呼び方も出てきています。

「一度薄毛になったらもう治らないの?」
いえいえ、そんなことはありません。AGAの治療が成果を出しているように、FAGAの治療も多くの人に成果が出ています。

女性の代表的な薄毛症状「FAGA」とは

FAGAがAGAの女性版であることはお話ししました。

<AGAの発症メカニズム>

男性ホルモンの1つ・テストステロンが体内で5αリダクターゼという還元酵素に反応してDHT(ジヒドロテストステロン)に変化、DHTが毛乳頭細胞に存在するアンドロゲン受容体と結合することで、髪の毛の成長を妨げます。これにより、ヘアサイクルの成長期が短くなり、髪の毛が成長途中で抜けて、額の生え際や頭頂部などが薄くなります。これがAGAです。

AGAが女性に発症するFAGAも、基本的なメカニズムは男性と変わりません。
ただ、女性の場合、通常は男性ホルモンよりも女性ホルモンの方が多く分泌されていますが、何らかの理由で男性ホルモンが優位になってしまうことが根本の原因です。

<男性ホルモンが優位になる理由>

男性ホルモンが優位になるには、いくつか理由が考えられます。

・加齢

1つは加齢により、女性ホルモンの分泌量が減少するから。いわゆる更年期以降は、女性ホルモンの分泌量はガクンと減ります。
女性ホルモンのうち、「エストロゲン」は肌や髪の新陳代謝を促し、髪のハリやコシを出す働きをします。また「プロゲステロン」は体温を上げたり、皮脂の分泌を活発にする作用をします。
女性ホルモンの分泌量が減ることで、肌や髪の新陳代謝が弱くなり、髪の元気度も低下します。

・自律神経の乱れ

もう1つは、自律神経の乱れによる女性ホルモンの分泌量の低下です。
過度のストレスや睡眠不足などで自律神経が乱れると、ホルモンバランスも乱れます。

これらの理由によって女性ホルモンが減少すると、体内では男性ホルモンが優位となります。
男性ホルモンが優位になることが、女性版AGA=FAGAの発症原因ですが、男性と違うのは、男性は放置しておくとどんどん髪の毛がなくなっていくのに対し、女性は薄くはなっても髪の毛がなくなってしまうことはほとんどありません。
例え少量になっても、女性ホルモンが分泌され続けるからです。

しかし、放置しておいても改善されない、という点は男性女性とも共通です。

女性の代表的な薄毛症状「FAGA」とは

こんなに違う! 治療症例をご紹介

女性の薄毛の原因や症状は多岐にわたります。クリニックでは、1人ひとりその原因を確かめ、その原因に合った治療を行っていきます。

ウィメンズヘルスクリニック東京では、積極的な治療によって今生えている髪の毛をより元気に、そして新たな発毛も促すことで、多くの女性の悩みを改善してきました。

治療は主に投薬(内服薬+外用薬)ですが、その人の薄毛の症状や状態に合わせて、その組み合わせは何と600以上。その膨大なパターンの中から、医師が適切に組み合わせを選び処方する、オーダーメイド治療を行います。
また、専門の医師が診察・治療を行うだけでなく、日常生活に対するアドバイスもし、患者様の心強い支えになるようメニューを展開しています。

実際の治療症例をいくつかご紹介します。

★20歳:頭頂部に脱毛症が見られた女性の場合★

20歳:頭頂部に脱毛症が見られた女性の場合

★38歳:頭頂部に脱毛症が見られた女性の場合★

38歳:頭頂部に脱毛症が見られた女性の場合

★48歳:頭頂部に脱毛症が見られた女性の場合★

48歳:頭頂部に脱毛症が見られた女性の場合

★53歳:頭頂部と前頭部に脱毛症が見られた女性の場合★

53歳:頭頂部と前頭部に脱毛症が見られた女性の場合

★59歳:頭頂部に脱毛症が見られた女性の場合★

59歳:頭頂部に脱毛症が見られた女性の場合

★63歳:頭頂部と前頭部に脱毛症が見られた女性の場合★

63歳:頭頂部と前頭部に脱毛症が見られた女性の場合

いかがですか。どの女性も、初診時とはかなり毛量が違いますね。
「若い人はいいけど、私なんか」と言っていた貴女、ご心配無用です。
高齢になっても治療の効果がちゃんと出ているのがお分かりですね。

当ウィメンズヘルスクリニック東京での症例は他にもございます。
ご興味があればこちらもご覧ください。

ウィメンズヘルスクリニック東京
年代別・脱毛タイプ別の症例写真

FAGAの改善は、いつ頃から実感できるの?

治療にとりかかった時の状態、その人のヘアサイクル、薄毛を感じ始めてどれだけ経つか、などにもよりますが、多くの人が早くて3ヶ月くらいから効果を感じ、半年~1年でかなり改善されています。

<ヘアサイクルの話>

髪の毛の生え変わりの周期を「ヘアサイクル」と言います。

成長期:約2~6年 髪が伸び成長する
退行期:約2~3週間 髪が成長を止める
休止期:約3~4ヶ月 髪が抜け、毛根では新しい髪の毛が生えるのを待っている

抜け毛が増えて薄毛になっている状態というのは、成長期が短くなって休止期が長くなっている状態を言います。
治療することで、休止期を本来の3~4ヶ月の期間に戻し、短くなってしまった成長期をもとに戻していきます。
治療をスタートさせた時点でその人の髪の毛がどれくらい休止期にあるか、などによっても効果の見える時期は違います。

思うように効果が見られず、気持ちが焦ることもあるかと思いますが、気長に取り組むことで、効果が見えてくるものです。
少しの手ごたえを次への糧にして取り組むことで、また次の手ごたえを得ることができ、それをまた糧にして…と薄毛治療は続きます。

ウィメンズヘルスクリニック東京での薄毛治療について詳しい情報は、こちらのページに詳しく書かれています。よろしければご覧ください。

ウィメンズヘルスクリニック東京「薄毛治療専門外来とは

FAGAの改善について、詳しく知りたいなら、まず相談を

FAGAは、男性のAGAと似ているようでその発症の根本原因が違います。
ウィメンズヘルスクリニック東京では、女性ならではの発症原因(ホルモンバランス)に目を向け、女性向けの発毛治療を行っています。

まずは無料カウンセリングから。
貴女の抱える不安や悩みを、是非専門スタッフに話してください。
そこから、新しい一歩が始まります。
ウィメンズヘルスクリニック東京 無料カウンセリング

FAGAの改善について、詳しく知りたいなら、まず相談を

(まとめ)女性の薄毛は改善できる!

女性の薄毛には、女性ホルモンが大きく関与しています。
FAGAと呼ばれる女性男性型脱毛症も、その根本原因は女性ホルモンの分泌量が減少すること。
年齢と共にホルモン量が減少するのは自然現象ではありますが、世はアンチエイジングの時代。
対策を講じることで、抱えていた悩みを改善したり軽減したりできるのです。

薄毛だって同じこと。
一日も早く貴女の悩みが軽くなりますように。

今回の薄毛の改善についての記事は以上です。

関連記事

最新記事