「なぜ?」ミネラル検査を行う理由

脱毛症の発症には、遺伝だけでなく、食生活や生活習慣も深く関係しています。体内のミネラルバランスが崩れていると、体の不調や疾患のリスクが高くなりますが、そのままにしておくと、結果的に抜け毛の原因にもなり得ます。

疾患や不調の症状は、まず細胞レベルの変化から始まります。
細胞の変化 ― 組織の変化 ― 臓器の変化 ― 症状 ― 病気(兆候)
ミネラルバランスを調べることによって、まず細胞レベルの変調を捉えることが可能になります。
慢性的な体調不良や疲労感があったり、食生活が乱れている自覚がある場合は、ミネラルバランスについて考えてみてもいいかもしれません。

体内のミネラルのバランスが崩れると、その影響は肌や爪、髪などにも現れます。ミネラル検査を受けて体内のミネラルバランスを調べることで、体の健康状態を客観的に評価することができ、他の疾患の予防にもつながります。

図:「なぜ?」ミネラル検査を行う理由

髪の毛から採取する理由は

血液中のミネラルは、その時の環境や体調、食事の内容などによって影響を受けやすく、またホメオスタシス(体内恒常性)の働きで、バランス調整がされています。そのため、体内のミネラル蓄積量を正確に測ることができません。一方、髪の毛は日々の栄養バランスを継続的にレコード(記録)しながら成長するため、体内のミネラルバランスの測定に適しているのです。

検査結果からわかることは

この検査から、体内のどのミネラル成分が不足しているのか、あるいは過剰摂取なのか、ミネラルのバランスが分かります。ミネラルにはそれぞれ役割があります。何かが欠乏していたり、あるいは過剰だったりすると、疾患にかかりやすくなったり、症状が現れたりします。
※例えば、カルシウムを過剰摂取すると、リンやマグネシウム、亜鉛などの吸収が抑制され、それらの欠乏を招きます。逆に、ビタミンD(ミネラルではありませんが)にはカルシウムの吸収を促進する働きがあります。

体内ミネラル成分の働き

人間の体に必要なミネラルは、カルシウム、ナトリウム、亜鉛など13種類あります。ミネラルは直接エネルギーになるわけではありませんが、健康維持や体調管理には欠かせない栄養素です。体内のミネラルバランスが悪くなると、それぞれのミネラル成分の持つ役割が十分に果たせなくなり、何らかの病気や症状を引き起こしやすくなります。[新陳代謝における各エレメントの相互関係]
人間だけでなく、すべての生き物の新陳代謝はミネラルに大きく影響されます。この図は、ミネラルの過不足が、すべてのシステムに影響しうることを示しています。
(BIOCHEMICAL LAB. EDGEWOOD, NM.USA 提供)

図:体内ミネラル成分の働き

食習慣・生活習慣へのアドバイス

食事の指導やサプリメントによる不足栄養素の補給等をします。それでもなかなか食事でバランスが取れない場合、健康食品などのサプリメントも併用し、体内のミネラルバランスを整えていきます。

写真:食習慣・生活習慣へのアドバイス

検査にかかる費用

この検査は、非常に高度な技術を使って体内の微量金属元素を定量することが可能な「ら・べるびぃ予防医学研究所」に検査を委託しています。
同社は、毛髪から微量元素を測定するための「ICP-MS(誘導結合プラズマ質量分析装置)」という装置を用いて分析を行い、高精度のデータを提供することでも定評があります。また、専門の臨床検査技師による測定を行い、万全の体制によってミネラル検査を実施しています。

ミネラル検査料金 10,000円(税別)

初診料(5,000円(税別))が別途必要です。(検査のみをご希望の場合でも同様です)