からだエイジングドックの検査について

ウィメンズヘルスクリニック東京で行っているからだエイジングドックの検査の流れについてご紹介します。

検査の流れ

カウンセリング30分程度

1 ご予約・受付

まずはWebか電話で予約を行います。予約日の確認や質問等はメールでも可能ですので、時間や環境的に電話連絡が難しい方でも安心してスタッフとのコミュニケーションをとることができます。

2 問診票への記入

受付が終わったら、次は問診票の記入です。問診票では、過去の病歴やアレルギーの有無等の一般的な事柄と、ご自身の身体に関して気になっている事柄をご記入いただきます。

3 検査内容の説明とカウンセリング

問診表を記入していただいたあと、スタッフが身体の状態を伺うとともにからだエイジングドックの検査内容について説明します。

診察60分程度

4 医師による診察

問診表を見ながら医師が診察します。身体の悩みや生活習慣、ご希望など伺いながら、からだエイジングドックのコースを決めていきます。

からだエイジングドックでは以下の7つの検査を受けて頂きます。

体組成検査

脂肪や筋肉量、たんぱく質量などを測定し、肥満かどうかの診断や筋肉バランス、身体強度、内臓脂肪量などを測定します。筋肉量・体脂肪量等が測れる体組成検査機器。

骨年齢検査

腕の骨密度を測定して同年齢、若年成人の平均骨密度と比較します。加齢とともに骨密度は低下する傾向にあります。骨密度の数値が低いと骨粗鬆症になる恐れがあります。

ホルモン検査

加齢により、ホルモンは減少します。現在のご自身のホルモン値がどれくらいなのかを検査し、身体に不調が出ているようであればホルモン補充やサプリメント処方などの治療をおこないます。

血管年齢検査

動脈硬化は血管の内側にカルシウム等が付着して狭くなるとともに硬くなった状態です。脈波が伝わる速度を計測して、血管の硬さと足の血管のつまり具合を調べ、動脈硬化を調べます。

酸化ストレス検査

指先から少量の血液を採取し、身体のさび付き度を調べる「酸化ストレス度」と酸化を防ぐ「抗酸化力」がどれくらいあるかを調べます。

血液検査

肝機能、腎機能、すい臓機能、免疫機能、糖代謝、鉄代謝、感染症、腫瘍マーカー、心不全マーカー、メタボリック危険度、脂肪酸分画などを検査し、内科的観点からからだに異常がないかを検査します。

内臓脂肪測定

内臓脂肪面積が数値で分かるほか、内臓脂肪レベルを16通りに分類し、もっとも近似した自分の腹部断面図が分かります。

5 再診日の予約

次回再診日のご予約をしてご帰宅いただきます。

6週間〜8週間後

検査結果

6 医師からの検査結果報告

からだエイジングドックの検査結果をご説明し、治療を開始します。