ストレスドック

ストレスドックとは

日常生活で感じているストレスについて自己評価だけでなく、血液検査・機器による検査など、フィジカル的なアプローチによって指導および治療をおこなう、当院オリジナルのストレスドックです。

医師によるカウンセリングの他、日常で負荷がかかっているストレスを多角的に検査します。患者様のご希望や状態に合わせて、点滴、サプリメントの処方や日常生活で感じているストレスと上手に付き合っていくための指導を行い、ストレスマネジメントを行います。(精神科治療ではありません)

このようなお悩みを抱えている方へ

1 自分のストレスの状態を知りたい
2 ストレス・マネジメントに役立てたい

治療の内容について

ISTテスト

事前に「ISTテスト」と呼ばれるストレスに関する質問票に答えていただきます。診察予約を入れていただきましたら当院からメールまたは郵送でISTテストを送りますので、事前にご記入いただき来院時にお持ちください。

治療の流れ

初診60分程度

1 オリエンテーション

クリニックのスタッフが、ストレスドックについての概要や治療方法などについて説明いたします。

2 体組成・酸化ストレス度の測定

体組成測定や、酸化ストレスと抗酸化力の測定により、身体的なストレスに対する抵抗性などを検査します。

3 唾液検査・血液検査・脈波カオス分析

主にコルチゾルやDHEA、性ホルモンなどの検査を行い、内分泌的な視点と免疫機能の視点からストレスの検査を行います。また脈波を測定し、心拍ゆらぎを評価します。

4 医師によるカウンセリング

医師が診察をおこない、あなたに合った今後の治療方針を説明します。日常生活における生活習慣改善やストレスの回避するアドバイスなどもおこないます。

5 心拍センサの装着(必要に応じて)

帰宅後、胸部に小さな機器を装着します。可視化が難しいとされる、交感神経と副交感神経のバランスや心拍数、体動などをあらゆるシチュエーションをモニタリングします。

1ヶ月後

再診20分程度

※治療により所要時間が異なります。

6 再診(初診から1か月後)

初診時でおこなった指導を日常生活の中で実施していただき、再診時に心とカラダの変化などをお伺いします。また唾液と血液による検査結果をフィードバックします。

7 心拍センサの評価(必要に応じて)

日常生活における交感神経と副交感神経のバランスを1日を通じて評価し、ストレスを強度に感じている時間や事柄などを探求していきます。

8 点滴治療

症状に応じては、ビタミンや抗酸化物質の入った点滴治療を施します。ゆったりとしたリクライニング式のソファーで1時間程度過ごしていただきながらリラックスして点滴をおこないます。

9 サプリメント処方

睡眠をサポートするメラトニンや性ホルモンの源となるDHEAなど、クリニックでないと取扱いができない医療用サプリメントを処方します。

料金表

  • 初診料 5,000円(税別)
  • 再診料 5,000円(税別)
  • ストレスドック検査費用 55,000円(税別)

サプリメントの処方や点滴治療を行う場合は別途費用がかかります。